営業職

都内に限らず日本全国にアパレルは存在している。
そのため、営業担当は関西、四国、中国、九州と地方へも頻繁に出向き、国内を中心に約200社のアパレル会社へ生地を販売する。
また、お客様との商談や、染色整理場への出荷、打ち合わせといった普段の業務に加え、年に二回の東京での展示会出展や、海外出張も行う。


ノリタケの販売形態を大きく、3つの項目に分けて紹介する。


①by order
お客様から注文を受けての受注生産での販売。
サンプルの中から選んでいただくだけではなく、
商談でお客様から頂いた抽象的なイメージを持ち帰り、
多くのサンプルから選定し、打ち合わせを重ねることで、
よりイメージに合った提案をする。

②standard item / original item
自社の商品を提案、販売する形態で販売する場合。

 [standard item]
ノリタケの定番素材の生地販売。
様々なテクスチャー、カラーバリエーションを取り揃え、
流行に応じた提案などを行う。

 [original item]
定番生地ではなく、新たに企画、開発した生地の販売。

1年に2回のパリ出張に出向き、市場視察での見聞から
ノリタケ独自の企画や、流行の先取りを狙った提案に繋げていく。
また東京での展示会にも年2回出展し、新たな商談の場を広げる狙い。

 

③products
製品での提案。

②で紹介したような自社提案の生地を使って衣服に仕立て、
それを商品として販売している。